不動産取引、知的財産から離婚・遺言・相続まで。

あらゆるお悩みに、各分野に精通した弁護士が迅速に対応いたします。

研究レポート

4 農地の売買

著者:弁護士法人リバーシティ法律事務所

2016/2/2

Q

老後に作物を作るための農地を取得しようと思うのですが、農地を買うために、何か資格は必要なのでしょうか?

農地法3条2項の基準をクリアする必要があります。

 農地を農地のまま取得するためには、農業委員会の許可を受ける必要があります。
 農業委員会の許可については、農地法3条2項が不許可事由を定めています。
 これらの不許可事由のうち、しばしば問題となるのは、次のものです。

〇農地取得後、農作業に常時従事すると認められない場合
 市川市や船橋市は、年間の耕作日数が概ね150日以上である場合にこの要件をクリアするとしています(下記各ホームページ参照)。

〇農地取得者の耕作面積が基準を下回る場合
 農地を取得する場合、農地を取得する人は一定の面積の農地を耕作している必要があります。
 法律上、千葉県など都府県にある農地を取得するためには、50アール(5000㎡)以上の農地(取得する土地を含みます。)の耕作が必要とされていますが、市川市の一部の地域では、その要件が緩和され、20アール(2000㎡)以上の農地を耕作していれば足りるとされています。

 農地法3条所定のその他の要件、許可申請書のひな形については、以下のホームページをご確認ください。

 市川市 農地の権利移動
  http://www.city.ichikawa.lg.jp/agr01/1111000003.html
 船橋市 農地の売買及び貸し借り
  http://www.city.funabashi.chiba.jp/kurashi/sangyou/0003/p001320.html

法律問題・トラブルは、弁護士法人リバーシティ法律事務所へ。

047-325-7378

(平日9:30~17:30受付)

法律相談予約専用ダイヤル

0120-25-7378

(24時間受付、土日対応可)

「相談したいけど…」と迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。あなたの不安や悩みを解決するお手伝いをいたします。

TOP