不動産オーナー様・管理会社様向けサポートサイト
あんしん! 不動産管理ナビ

当事務所は不動産に関する様々なトラブルのご相談に応じております(ただし、建築紛争・ご近所とのトラブルは除きます)。
不動産に関する法律問題は不動産に強い弁護士を選ぶことが大切です。
当事務所には宅地建物取引主任者(現在は宅地建物取引士)の試験に合格した弁護士が4名在籍しています。
月額10,000円(税別)の 個人オーナー様向け顧問弁護士プランも御用意しております。

不動産オーナー様へ

平成23年6月10日大阪高等裁判所判決

平成23年6月10日大阪高等裁判所判決

【事案】賃貸人から貸室の管理を委託されている管理会社の従業員が、賃料を滞納している賃借人の貸室内にあった家具等の動産一切を搬出したうえで玄関鍵を交換し、賃借人を実力で追い出した事案。管理会社および賃貸人の責任の有無と、損害額が主な争点となった。

【結論】従業員の行った不法行為について、管理会社および賃貸人についても責任があることが認められ、慰謝料80万円を含む合計165万円の損害賠償と遅延損害金の支払が命じられた。

【補足】たとえ賃料を滞納している賃借人であっても、法律に則った手続を踏まずに自力救済を行うことが不法行為にあたることはこれまでにも複数の裁判例で認められています。
 本事案では、実際に荷物の運びだしを行ったり鍵を変えたりした人物(管理会社の従業員)のみならず、その使用者である管理会社、さらには賃貸人にも責任があることが認められました。
 また、これまでの同種の事案に比して、慰謝料が高額であった点にも特徴があります。

 賃料不払に関する問題で不安に思うことがありましたらお気軽にお問い合わせください。

法律問題・トラブルは、弁護士法人リバーシティ法律事務所へ。

047-325-7378

(平日9:30~17:30受付)

法律相談予約専用ダイヤル

0120-25-7378

(24時間受付、土日対応可)

「相談したいけど…」と迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。あなたの不安や悩みを解決するお手伝いをいたします。

TOP