不動産取引、知的財産から離婚・遺言・相続まで。

あらゆるお悩みに、各分野に精通した弁護士が迅速に対応いたします。

研究レポート

2 離婚時年金分割制度

著者:弁護士 越川芙紗子

2008/12/12

Q

夫と離婚することになりました。私と夫は結婚30年目、夫は個人事業主で、年間2000万円の収入があります。私は公務員で、月に20数万円の収入です。夫は国民年金のみ、私は公務員の共済年金に加入しています。離婚時年金分割制度を使って、夫から年金分割を受けることができますか。

できません。

 平成19年4月より離婚時年金分割制度がスタートしましたが、この制度は、いまだ誤解されている部分が多いようです。
我が国の年金制度は、いわゆる二階建て構造になっていますが、年金分割制度において分割の対象となるのは、二階建て部分=厚生年金部分と共済年金部分のみです。つまり、基礎年金である国民年金の部分は分割の対象とはなりません。
 上の事例では、夫は国民年金のみの加入で、共済年金(二階建部分)に加入しているのは妻のみなので、夫から妻への分割はされません。逆に、妻から夫に対し、分割をしなければならない可能性があります。
 このように、年金分割制度では、必ず妻が得するとは限らないので、注意が必要です。

 離婚と年金分割に関する問題で不安に思うことがありましたらお気軽にお問い合わせください。

法律問題・トラブルは、弁護士法人リバーシティ法律事務所へ。

047-325-7378

(平日9:30~17:30受付)

法律相談予約専用ダイヤル

0120-25-7378

(24時間受付、土日対応可)

「相談したいけど…」と迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。あなたの不安や悩みを解決するお手伝いをいたします。

TOP