会社や個人の借金でお悩みの方、お気軽にご相談ください
会社・個人の借金整理ナビ

会社の破産・民事再生、個人の再生・破産手続・債務整理などご相談ください。

FAQ

法律相談の際,弁護士がお伺いすること-その1(事業について)

著者:弁護士 丸島一浩

2015/3/18

御社の事業内容,会社規模,従業員数,売上げや仕入れの状況,利益・資金の流れについてなどをお伺いします。

まず最初にお伺いするのは,御社が行っているビジネスの流れです。

例えば,建設業であれば,以下の内容をお伺いしています。
 ・公共工事がメインなのか,民間工事がメインなのか。
 ・建物の建築がメインなのか,外構工事・内装工事がメインなのか。
 ・一般建設業なのか,特定建設業なのか。
 ・事業用建物の建築がメインなのか,戸建て建築がメインなのか,リフォームがメインなのか。
 ・営業所は何店舗あるのか,正社員は何名か,パート従業員,常傭の職人さんはいるのか。
 ・現在動いている現場は,何か所あるのか。
 ・今後3か月の受注見通しはどうなっているか。
 ・今後10年間の事業の見通しはどうなると考えているのか?

そして,売上げや仕入れに関しては,次のようなことをお伺いしています。
 ・どのような客層・売り先,販路があるのか。
 ・どのような業者から仕入れを行っているのか。
 ・入金サイクルや,支払いサイクルはどうなっているのか(例:月末締め翌月末払い)。
 ・仕入れた商品は流れているのか,不良在庫は抱えていないか。
 ・業界特有の商習慣の有無,季節変動はあるのか。

そのうえで,利益の状況や資金の流れをお伺いします。
 ・直近3か月程度の資金の流れと,今後3か月程度の資金の見通し。
 ・営業利益(売上げから経費を控除した本業の「儲け」)は上がっているか。
 ・現在は営業利益が上がっていなくても,将来的に改善する見込みはあるか。
 ・利益改善のために,今からでもできることはないのか。
 ・手元の資金は,どの程度あるのか。

これらのことから,事業性や資金繰り,将来性等を考慮して,民事再生の可能性があるのかどうか,あるいは破産やむなしとするのか,おおきな方向性を検討していきます。

会社の破産に関する法律問題についてお気軽にお問い合わせください。

法律問題・トラブルは、弁護士法人リバーシティ法律事務所へ。

047-325-7378

(平日9:30~17:30受付)

法律相談予約専用ダイヤル

0120-25-7378

(24時間受付、土日対応可)

「相談したいけど…」と迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。あなたの不安や悩みを解決するお手伝いをいたします。

TOP