会社や個人の借金でお悩みの方、お気軽にご相談ください
会社・個人の借金整理ナビ

会社の破産・民事再生、個人の再生・破産手続・債務整理などご相談ください。

FAQ

未払賃金立替払制度とは?

著者:弁護士 和田はる子

2015/5/7

Q

未払賃金立替払制度とは?

会社(事業主)が倒産したときに、未払賃金の一部を国が会社等に代わって従業員に立替払いする制度です。独立行政法人労働者健康福祉機構で実施されています。


1)立替払の対象となる賃金
   定期給与と退職金(ボーナスと解雇予告手当は対象外)

2)立替払いの上限
   未払賃金総額の8割で下記上限額以内。
    退職日の年齢       立替払いの上限額
     45歳以上         296万円
     30歳以上45歳未満    176万円
     30歳未満          88万円

※会社が破産している場合、未払賃金額は、破産管財人に証明してもらうことなります。立替払いを受けるための要件は、法律で細かく決まっており、その要件に当てはまらないときなど、立替払制度が使えない場合もあります。
詳しいことは、弁護士等専門家にご相談ください。

会社の破産に関する法律問題についてお気軽にお問い合わせください。

法律問題・トラブルは、弁護士法人リバーシティ法律事務所へ。

047-325-7378

(平日9:30~17:30受付)

法律相談予約専用ダイヤル

0120-25-7378

(24時間受付、土日対応可)

「相談したいけど…」と迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。あなたの不安や悩みを解決するお手伝いをいたします。

TOP