不動産オーナー様・管理会社様向けサポートサイト
あんしん! 不動産管理ナビ

当事務所は不動産に関する様々なトラブルのご相談に応じております。
不動産に関する法律問題は不動産に強い弁護士を選ぶことが大切です。
当事務所には宅地建物取引主任者(現在は宅地建物取引士)の試験に合格した弁護士が4名在籍しています。
月額10,000円(税別)の 個人オーナー様向け顧問弁護士プランも御用意しております。

FAQ

私の家族は亡くなった祖父の代から50年近く借地上の建物に住んでいます。建物は非常に古いのですが、知人から「建物の朽廃で借地契約が終了する」と聞きました。心配です。

Q

私の家族は亡くなった祖父の代から50年近く借地上の建物に住んでいます。建物は非常に古いのですが、知人から「建物の朽廃で借地契約が終了する」と聞きました。心配です。

旧借地法の規定では、借地上の建物が朽廃すると借地契約が終了する旨が規定されています。50年前からということですので本件では旧借地法が適用されます。

 建物が、単に「古い」というだけでは「朽廃」とはなりません。建物としてもはやその効用を失ったといえる状態であることが必要です。現に人が住んで生活している状態であれば朽廃とまではいえないとの判断が原則となるでしょう。

 借地契約に関する問題で不安に思うことがありましたらお気軽にお問い合わせください。

法律問題・トラブルは、弁護士法人リバーシティ法律事務所へ。

047-325-7378

(平日9:30~17:30受付)

法律相談予約専用ダイヤル

0120-25-7378

(24時間受付、土日対応可)

「相談したいけど…」と迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。あなたの不安や悩みを解決するお手伝いをいたします。

TOP