納得できる解決を目指して、お手伝いします

弁護士によるあんしん離婚相談

裁判離婚

裁判離婚には3種類ある!

裁判離婚には、認諾離婚、和解離婚、判決離婚の三種類があります。
認諾離婚とは、原告(裁判を起こした側)が提起した離婚の請求を被告(裁判を起こされた側)がすべて認める場合をいいますが、ごく稀です。
和解離婚とは、離婚訴訟提起後、裁判上の話し合いにより離婚の合意に至る場合です。
判決離婚とは、裁判所の判決により離婚に至る場合をいいます。

どんな場合でも離婚できるか?

判決によって離婚が認められるには、法定の離婚事由が必要です。
離婚事由は、民法770条1項に定められており、
 1号 配偶者に不貞な行為があったとき
 2号 配偶者から悪意で遺棄されたとき
 3号 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき
 4号 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
 5号 その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき
のいずれかに該当する必要があります。
配偶者の暴力や長期間の別居などは、その程度により、上記の5号に該当することになります。

 裁判離婚に関する問題で不安に思うことがありましたらお気軽にお問い合わせください。

法律問題・トラブルは、弁護士法人リバーシティ法律事務所へ。

047-325-7378

(平日9:30~17:30受付)

法律相談予約専用ダイヤル

0120-25-7378

(24時間受付、土日対応可)

「相談したいけど…」と迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。あなたの不安や悩みを解決するお手伝いをいたします。

TOP