納得できる解決を目指して、お手伝いします

弁護士によるあんしん離婚相談

婚姻費用

別居中でも、生活費支払い義務がある!

「これ以上あなたとの生活には耐えられない!子どもと一緒に出ていきます!」

「そうか、それじゃ、もう生活費は渡す必要がないな!勝手にお前が出て行くのだから、これからは自分で稼げ!」

このように、別居をした妻と子に対し、夫からの生活費が支払われなくなってしまうことはよくあります。

民法第760条は、「夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する。」と定めており、たとえ別居していても、離婚が成立しない限り、婚姻費用分担として生活費を支払わなければなりません。

そのため、「妻が勝手に出て行ったのだから、生活費を支払う必要はない。」という夫の主張は通りません。

なお、内縁の夫婦でも、婚姻費用分担義務は生じます。

 

支払い拒否には、調停申立を!

相手方が婚姻費用の支払いを拒否する場合には、婚姻費用分担調停の申し立てをする方法があります。

婚姻費用についても、養育費と同様、簡易算定表があり、この算定表の金額を参考に話し合いが進められるケースが多いようです。

調停が成立しない場合、審判に移行し、適切な婚姻費用の支払いが命じられます。

 

どんな場合でも支払わなければならないの?

もっとも、裁判所には、有責配偶者からの婚姻費用請求について、権利の濫用であるとして減額した例や、請求を認めなかった例もあります。

福岡高等裁判所宮崎支部決定平成17年3月15日は、不貞行為を行った妻が、夫に対し離婚訴訟を提起し、別居中の婚姻費用の支払を求めた事例において、妻からの請求は信義則に反し許されないとしました。


婚姻費用分担請求の弁護士費用は「わかりやすいプラン3 婚姻費用(別居中の生活費)分担請求の調停・審判プラン」をご覧ください。


 婚姻費用に関する問題で不安に思うことがありましたらお気軽にお問い合わせください。

法律問題・トラブルは、弁護士法人リバーシティ法律事務所へ。

047-325-7378

(平日9:30~17:30受付)

法律相談予約専用ダイヤル

0120-25-7378

(24時間受付、土日対応可)

「相談したいけど…」と迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。あなたの不安や悩みを解決するお手伝いをいたします。

TOP