不動産取引、知的財産から離婚・遺言・相続まで。

あらゆるお悩みに、各分野に精通した弁護士が迅速に対応いたします。

研究レポート

19 産業用ロボットを扱う労働者に対する教育を怠った場合

著者:弁護士・弁理士 南部朋子

2007/3/22

Q

産業用ロボットを扱う労働者に対する教育を怠った場合、罰せられますか。

罰せられる可能性があります。

 事業者は、厚生労働省令で定める危険又は有害な業務に労働者をつかせるときは、厚生労働省令で定めるところにより、当該業務に関する安全又は衛生のための特別の教育を行なわなければならないこととされています(労働安全衛生法59条3項)。

 ここでいう「厚生労働省令で定める危険又は有害な業務」には、産業用ロボットについて行うマニプレータの動作の順序、位置若しくは速度の設定、変更若しくは確認の業務や産業用ロボットの検査、修理若しくは調整若しくはこれらの結果の確認の業務などが含まれます(労働安全衛生規則36条31号、同32号)。
 したがって、産業用ロボットについてのこれらの業務を扱う労働者に対する教育を怠った場合には、労働安全衛生法59条3項に違反したことになり、怠った者には、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金が科されます(同法119条1号)

 また、法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関して、同法119条1号の違反行為をしたときは、その法人又は人に対しても、50万円以下の罰金刑が科されます(同法122条)。

 ロボットに関する法律の問題で不安に思うことがありましたらお気軽にお問い合わせください。

ロボット法(ロボットに関する法律問題)

法律問題・トラブルは、弁護士法人リバーシティ法律事務所へ。

047-325-7378

(平日9:30~17:30受付)

法律相談予約専用ダイヤル

0120-25-7378

(24時間受付、土日対応可)

「相談したいけど…」と迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。あなたの不安や悩みを解決するお手伝いをいたします。

TOP