不動産取引、知的財産から離婚・遺言・相続まで。

あらゆるお悩みに、各分野に精通した弁護士が迅速に対応いたします。

研究レポート

9 夫が交通事故で死亡してしまった場合、加害者に対する損害賠償として、夫の相続人はどのような請求ができるでしょうか

著者:弁護士 梅村陽一郎

2007/2/15

Q

夫が交通事故で死亡してしまった場合、加害者に対する損害賠償として、夫の相続人はどのような請求ができるでしょうか。

死亡事故の損害としては、財産的損害」精神的損害」があります。

 そして、前者には、
①積極損害(治療費、付添看護費、交通費、葬儀費用、弁護士費用など)、②消極損害(逸失利益)が、
後者には、
③死亡慰謝料があります。

 このうち、①と②については、通常、夫に発生した損害であるとして、その賠償を夫の相続人(妻と子、妻と夫の両親など)が請求できます。
 ③については、慰謝料が相続の対象となるかについて争われましたが、判例(最大判昭42.11.1)は、これを認めています。

 したがって、夫の相続人は夫の慰謝料請求権に基づいて慰謝料を請求することができます。また、近親者には固有の慰謝料請求権(民711条)が認められていますので、妻、子と夫の両親は、固有の慰謝料請求をすることもできるでしょう。

 相続に関する問題で不安に思うことがありましたらお気軽にお問い合わせください。

相続・遺言・遺産分割・遺留分に関する法律問題

法律問題・トラブルは、弁護士法人リバーシティ法律事務所へ。

047-325-7378

(平日9:30~17:30受付)

法律相談予約専用ダイヤル

0120-25-7378

(24時間受付、土日対応可)

「相談したいけど…」と迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。あなたの不安や悩みを解決するお手伝いをいたします。

TOP