不動産取引、知的財産から離婚・遺言・相続まで。

あらゆるお悩みに、各分野に精通した弁護士が迅速に対応いたします。

研究レポート

46 後継ぎ遺贈

著者:弁護士 荒川俊也

2016/3/18

Q

 私は、会社を経営しており、現在全株式を保有しています。私の保有する株式は、私の死後、息子の太郎に承継させ、太郎が死亡した後は孫の次郎に承継させたいと考えています。
 そのような内容の遺言は、有効でしょうか。

ご相談者から、太郎さんへ株式を承継させる内容の遺言は有効ですが、太郎さんの死後、
太郎さんに承継させた株式を次郎さんへ承継することを記載した部分は無効になります。

 いったん太郎さんに取得させた財産はあくまで太郎さんのものであり、太郎さんの死後どのように処分するかは、太郎さんが決めるべきことだからです。

 ただ、民事信託の仕組みを利用することにより、実質的にご相談者の希望を叶えることができる可能性があります。
 民事信託を活用した事業承継については、弁護士等の専門家に相談の上、ご検討されることをお勧めいたします。

 相続・遺産分割に関するご相談は初回1時間無料です。

弁護士費用は

遺産分割の「交渉」プラン

遺産分割の「調停・審判」プラン

をご覧ください。


 遺産分割の調停に関する問題で不安に思うことがありましたらお気軽にお問い合わせください。

相続・遺言・遺産分割・遺留分に関する法律問題

法律問題・トラブルは、弁護士法人リバーシティ法律事務所へ。

047-325-7378

(平日9:30~17:30受付)

法律相談予約専用ダイヤル

0120-25-7378

(24時間受付、土日対応可)

「相談したいけど…」と迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。あなたの不安や悩みを解決するお手伝いをいたします。

TOP