不動産取引、知的財産から離婚・遺言・相続まで。

あらゆるお悩みに、各分野に精通した弁護士が迅速に対応いたします。

研究レポート

29 相続人の間で使途不明金、葬儀費用、遺産からの収益(相続開始後の賃料、地代、配当金等)の配分でもめた場合は調停で解決できますか。

著者:弁護士 梅村陽一郎

2012/5/28
(改訂)2013/3/19
(改訂)2015/3/5

Q

相続人の間で使途不明金、葬儀費用、遺産からの収益(相続開始後の賃料、地代、配当金等)の配分でもめた場合は調停で解決できますか。

これらは、原則として遺産分割の対象ではありません。

 ただし、相続人全員の合意があれば調停で解決することもできます。
 なお、調停が成立しなかった場合には、これらについては審判では判断されません。

 これらは「遺産分割調停の付随問題」と呼ばれています。
 「遺産分割調停の付随問題」もご覧ください。

 相続・遺産分割に関するご相談は初回1時間無料です。

弁護士費用は

遺産分割の「交渉」プラン

遺産分割の「調停・審判」プラン

をご覧ください。


 遺産分割の調停に関する問題で不安に思うことがありましたらお気軽にお問い合わせください。

相続・遺言・遺産分割・遺留分に関する法律問題

法律問題・トラブルは、弁護士法人リバーシティ法律事務所へ。

047-325-7378

(平日9:30~17:30受付)

法律相談予約専用ダイヤル

0120-25-7378

(24時間受付、土日対応可)

「相談したいけど…」と迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。あなたの不安や悩みを解決するお手伝いをいたします。

TOP