不動産取引、知的財産から離婚・遺言・相続まで。

あらゆるお悩みに、各分野に精通した弁護士が迅速に対応いたします。

研究レポート

27 離婚に伴う戸籍の変化

著者:弁護士 越川芙紗子

2008/7/8

離婚時、特に子供の親権者になった母親は、離婚に伴って様々な手続きをしなければならないことが多いです。
特に戸籍については、様々な変動があります。
以下の事例における戸籍の変化を図にしました。


1 甲川A男さんと乙山B子さんは結婚し、B子さんは「甲川」姓を名乗ることになりました。二人の間にC太くんが生まれました(戸籍ア)。

2 しかし、A男さんとB子さんは、価値観の違いから離婚することになり、話し合いで親権者は母親のB子さんとすることとして、離婚届を提出しました(戸籍イ)。
B子さんは、離婚にあたり、従前の乙山春男さんを筆頭者とする戸籍に戻るのではなく、筆頭者を「乙山B子」とする新しい戸籍を作ることにしました(戸籍ウ)。
なお、この段階では、C太くんはA男さんの戸籍に残っており、名字も「甲川」のままです。

3 一つの戸籍の中に姓の違う人物を入れることはできないので、C太くんをB子さんの戸籍に入れるためには、現在C太くんの姓である「甲川」を、B子さんと同じ「乙山」に変更する必要があります。
そこで、B子さんは、家庭裁判所に対し、C太くんの氏の変更許可の申立をしました。

4 氏の変更許可申立後、家庭裁判所から氏の変更を許可する審判書が届きました。B子さんは、住所地または本籍地の市町村役場に対し、C太くんについて、B子さんの戸籍への入籍届をしました(戸籍エ)。

9-cat0527.JPG



 離婚に関するご相談は初回1時間無料です。

弁護士費用は

わかりやすいプラン1 離婚の「調停・訴訟」プラン(未成年の子がいない場合)

わかりやすいプラン2 離婚の「調停・訴訟」プラン(未成年の子がいる場合)

わかりやすいプラン3 婚姻費用(別居中の生活費)分担請求の調停・審判プラン

をご覧ください。


 離婚に関する問題で不安に思うことがありましたらお気軽にお問い合わせください。

離婚に関する法律問題

法律問題・トラブルは、弁護士法人リバーシティ法律事務所へ。

047-325-7378

(平日9:30~17:30受付)

法律相談予約専用ダイヤル

0120-25-7378

(24時間受付、土日対応可)

「相談したいけど…」と迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。あなたの不安や悩みを解決するお手伝いをいたします。

TOP