不動産取引、知的財産から離婚・遺言・相続まで。

あらゆるお悩みに、各分野に精通した弁護士が迅速に対応いたします。

研究レポート

8 不倫相手への慰謝料の請求

Q

夫に浮気されてしまったのですが、不倫相手の女性に対しても慰謝料を請求できないでしょうか。

相手の女性に対して慰謝料の請求ができることがあります。

 ご質問の場合、ご主人と相手の女性の2人の行為によって、あなたの精神的苦痛が生じているのですから、二人の行為は共同不法行為になり、それぞれ連帯して損害賠償責任を負います。

  ただし、ご主人のほうが、あなたと結婚していることを隠してその女性と付き合っていた場合や、ご主人のほうからしつこくその女性に交際を迫った場合には、あなたから、相手の女性に対する慰謝料請求が認められなかったり、また、仮に認められても慰謝料額が低額になったりします。
 慰謝料の額は事案によって異なってきます。ご主人の不倫がきっかけで、あなたがご主人と離婚した場合には、離婚にまで至らなかった場合より一般的に、慰謝料の金額は高くなると思います。

 ただ不法行為の当時、あなたとご主人の関係がすでに破綻していた場合には、相手方の女性に慰謝料の支払いを求めることはできません。婚姻関係がすでに破綻していた場合に不貞関係を結んだとしても、不法行為責任は負わないとする判例があるのです(最判平8.3.26)。実際の裁判では、この点について争われているケースが非常に多いです。

 離婚に関するご相談は初回1時間無料です。

弁護士費用は

わかりやすいプラン1 離婚の「調停・訴訟」プラン(未成年の子がいない場合)

わかりやすいプラン2 離婚の「調停・訴訟」プラン(未成年の子がいる場合)

わかりやすいプラン3 婚姻費用(別居中の生活費)分担請求の調停・審判プラン

をご覧ください。


 配偶者の不貞行為に関する問題で不安に思うことがありましたらお気軽にお問い合わせください。

離婚に関する法律問題

法律問題・トラブルは、弁護士法人リバーシティ法律事務所へ。

047-325-7378

(平日9:30~17:30受付)

法律相談予約専用ダイヤル

0120-25-7378

(24時間受付、土日対応可)

「相談したいけど…」と迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。あなたの不安や悩みを解決するお手伝いをいたします。

TOP