不動産取引、知的財産から離婚・遺言・相続まで。

あらゆるお悩みに、各分野に精通した弁護士が迅速に対応いたします。

研究レポート

71 調停で取り決めた養育費の不払いと元夫の転職

著者:弁護士 梅村陽一郎

2019/8/16

Q

元夫は転職したのですが、新たな勤務先がわかりません。
給与を差し押さえることはできませんか?

令和2年5月までに施行される改正民事執行法により、勤務先の情報を取得することが可能になります。

 具体的には、

  • (1)裁判所に元夫の財産開示手続きを申し立てます。
  • (2)元夫が財産開示手続きに出頭し、自己の財産に関する陳述を行います。
  • (3)元夫が出頭しなかったり財産目録を提出しない場合、裁判所に給与債権にかかる情報の取得を申し立てます。
  • (4)裁判所が市町村・日本年金機構・共済組合等に対して情報提供を命令します。
  • (5)市町村等から裁判所に回答があり、裁判所から写しが送付されます。

勤務先の情報が判明すれば、そこから支払われる給与を差し押さえることができます。

元夫名義の土地・建物の情報を取得することもできます(令和3年5月までに施行予定)。
手続きの流れは勤務先の情報取得(1)、(2)、(3)と同様ですが、

  • (4)裁判所は登記所(法務局)に対して情報提供を命令します。
  • (5)登記所から裁判所に回答があり、裁判所から写しが送付されます。

の部分が異なります。

なお、預貯金や上場株式、国債等について、金融機関からの情報取得を申し立てることも可能となります(令和2年5月までに施行予定)。
財産開示手続きを経る必要はありません。

  • (1)裁判所に元夫の預貯金等の情報取得を申し立てます。
  • (2)裁判所が銀行・証券保管振替機構などに対して情報提供を命令します。
  • (3)金融機関等から裁判所に回答があり、裁判所から写しが送付されます。

以上の各手続きで得られた情報を本来の目的以外の目的で利用したり提供してはいけません(罰則があります)。

 離婚に関するご相談は初回1時間無料です。

弁護士費用は

わかりやすいプラン1 離婚の「調停・訴訟」プラン(未成年の子がいない場合)

わかりやすいプラン2 離婚の「調停・訴訟」プラン(未成年の子がいる場合)

わかりやすいプラン3 婚姻費用(別居中の生活費)分担請求の調停・審判プラン

をご覧ください。

離婚に関する法律問題についてお気軽にお問い合わせください。

離婚に関する法律問題

法律問題・トラブルは、弁護士法人リバーシティ法律事務所へ。

047-325-7378

(平日9:30~17:30受付)

法律相談予約専用ダイヤル

0120-25-7378

(24時間受付、土日対応可)

「相談したいけど…」と迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。あなたの不安や悩みを解決するお手伝いをいたします。

TOP