不動産取引、知的財産から離婚・遺言・相続まで。

あらゆるお悩みに、各分野に精通した弁護士が迅速に対応いたします。

研究レポート

9 面会交流権

2006/12/5

Q

先日、妻と離婚し、子どもの親権者は妻となりました。娘は、妻の実家で妻と一緒に生活しているようですが、会わせてくれません。娘に会いたいのですが、どうすればいいのでしょうか。

家庭裁判所に対して、面会交流を求めて調停を申し立てることができます(民766条、家事事件手続法39条 別表第2第3項)。
調停でも、話し合いがつかなかった場合には、審判に移行し、裁判所が適切な面会交流の回数、日時、方法等を判断することになります(家事事件手続法272条4項)。

 面会交流権とは、親権や監護権を失った親が、子どもと会うことを要求することができる権利のことをいいます。
面会交流が認められるかどうかは、子どもの福祉・利益を害しないかどうか、という観点から判断されることになります。そして、面会交流権が認められるかどうか、どのような条件のもとで認めるのか(面会の回数、場所、方法など)ということについては、ケースごとの事情を踏まえた上で決めていきます。

 例えば、暴力が原因で離婚した場合には、子どもに危害が加えられるおそれがあるとして、面会交流が認められなかったり、又は制限される可能性があるでしょう。

 離婚に関するご相談は初回1時間無料です。

弁護士費用は

わかりやすいプラン1 離婚の「調停・訴訟」プラン(未成年の子がいない場合)

わかりやすいプラン2 離婚の「調停・訴訟」プラン(未成年の子がいる場合)

わかりやすいプラン3 婚姻費用(別居中の生活費)分担請求の調停・審判プラン

をご覧ください。


 面会交流に関する問題で不安に思うことがありましたらお気軽にお問い合わせください。

離婚に関する法律問題

法律問題・トラブルは、弁護士法人リバーシティ法律事務所へ。

047-325-7378

(平日9:30~17:30受付)

法律相談予約専用ダイヤル

0120-25-7378

(24時間受付、土日対応可)

「相談したいけど…」と迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。あなたの不安や悩みを解決するお手伝いをいたします。

TOP