不動産取引、知的財産から離婚・遺言・相続まで。

あらゆるお悩みに、各分野に精通した弁護士が迅速に対応いたします。

研究レポート

51 裁判で離婚した場合の離婚日はいつか

著者:弁護士 越川芙紗子

2015/8/27

Q

離婚訴訟で争い、離婚判決によって離婚した場合、離婚した日はいつになりますか。

 判決によって離婚した場合、「離婚の裁判確定日」が戸籍に記載されます。離婚日は、この離婚の裁判が確定した日、ということになります。通常は離婚判決がされた日とは異なりますので注意してください。
 なお、調停によって離婚した場合は、調停成立日が離婚日となります。

 離婚に関するご相談は初回1時間無料です。

弁護士費用は

わかりやすいプラン1 離婚の「調停・訴訟」プラン(未成年の子がいない場合)

わかりやすいプラン2 離婚の「調停・訴訟」プラン(未成年の子がいる場合)

わかりやすいプラン3 婚姻費用(別居中の生活費)分担請求の調停・審判プラン

をご覧ください。

離婚に関する法律問題についてお気軽にお問い合わせください。

法律相談の実施日時

実施日時

平日午前9時45分~午後5時30分まで
離婚・相続・自己破産・個人再生のご相談は、平日は午後8時まで、
土日祝日は午前10時~午後2時まで。

(なお弁護士の都合により、ご相談をお受けできない日もありますので、予めご了承ください。)

場所

当事務所 アクセス
(申し訳ございませんが、企業以外のご相談の場合、メール、電話、Fax等による相談および出張相談は受け付けておりませんのでご了承ください。)

担当弁護士

当事務所の所属弁護士(8名、うち女性弁護士3名)

申込方法

事前にお電話でご予約をお願い致します。
(大変申し訳ありませんが、ご予約のないお客様はご相談をお受けできません。)

047-325-7378(平日9:30~17:30受付)

法律相談予約専用ダイヤル

free20120-25-7378(24時間受付、土日対応可)

離婚に関する法律問題

法律問題・トラブルは、弁護士法人リバーシティ法律事務所へ。

047-325-7378

(平日9:30~17:30受付)

法律相談予約専用ダイヤル

0120-25-7378

(24時間受付、土日対応可)

「相談したいけど…」と迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。あなたの不安や悩みを解決するお手伝いをいたします。

TOP