不動産取引、知的財産から離婚・遺言・相続まで。

あらゆるお悩みに、各分野に精通した弁護士が迅速に対応いたします。

研究レポート

13 定年間近の夫と離婚した場合、夫が将来受け取る退職金は財産分与の対象となるか

著者:弁護士法人リバーシティ法律事務所

2007/3/30

Q

定年間近の夫と離婚しようと思っています。夫が将来受け取る退職金は、財産分与の対象となるでしょうか。

夫が将来受け取る退職金について、事案によっては財産分与の対象となることがあります。

 この点、退職金は賃金の後払的性格を有するため、離婚の時点において既に退職金が支給されている場合には、財産分与の対象となると解されています。

 しかし、本件のように将来受け取る退職金が財産分与の対象となるかどうかについては、夫の退職理由・時期等によってその有無や額が異なってくるため、争いがあるところです。けれども、離婚が定年退職の前か後かという事情によって結論を異にすることは、両者間の公平を害するため、退職金も清算の対象とすべきとする考えが強いです。そして、本件のように夫の定年退職が間近であるケースにおいては、財産分与の対象となるとした裁判例は多くあります。

 なお、財産分与の対象となるとして、その算定方法や金額は事案ごとの特殊性(婚姻期間、在職期間、退職金の見込額等)を踏まえて決まりますので、事案によって異なってきます。

 当事務所では、夫が将来受け取る予定の退職金の仮差押をおこなった案件があります。

 離婚に関するご相談は初回1時間無料です。

弁護士費用は

わかりやすいプラン1 離婚の「調停・訴訟」プラン(未成年の子がいない場合)

わかりやすいプラン2 離婚の「調停・訴訟」プラン(未成年の子がいる場合)

わかりやすいプラン3 婚姻費用(別居中の生活費)分担請求の調停・審判プラン

をご覧ください。


 財産分与に関する問題で不安に思うことがありましたらお気軽にお問い合わせください。

離婚に関する法律問題

法律問題・トラブルは、弁護士法人リバーシティ法律事務所へ。

047-325-7378

(平日9:30~17:30受付)

法律相談予約専用ダイヤル

0120-25-7378

(24時間受付、土日対応可)

「相談したいけど…」と迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。あなたの不安や悩みを解決するお手伝いをいたします。

TOP