不動産取引、知的財産から離婚・遺言・相続まで。

あらゆるお悩みに、各分野に精通した弁護士が迅速に対応いたします。

研究レポート

40 離婚訴訟の管轄

著者:弁護士法人リバーシティ法律事務所

2012/2/1

Q

夫と別居して実家に戻りました。離婚調停は夫の住所地を管轄する家庭裁判所で起こしましたが、条件がまとまらず、調停は不成立になりました。離婚訴訟を起こしたいのですが、夫の住所地に起こさないといけないのでしょうか。

離婚調停は、原則として相手方の住所地を管轄する裁判所に申し立てなければなりませんが、離婚訴訟は、当事者の住所地を管轄する裁判所に起こすことができるので、現在の自宅の近くの家庭裁判所で起こすことも可能です。

 ただし、裁判所が当事者および証拠(証人)の所在などから、手続の遅延を避けるためや当事者間の衡平を図るために必要があると判断したときや、未成年の子どもの親権が争われ、子どもが相手方と同居しているような場合などには、自分の住所地を管轄する裁判所から相手方の住所地を管轄する裁判所に事件が移送されて審理されることがありますので、注意してください。

 離婚に関するご相談は初回1時間無料です。

弁護士費用は

わかりやすいプラン1 離婚の「調停・訴訟」プラン(未成年の子がいない場合)

わかりやすいプラン2 離婚の「調停・訴訟」プラン(未成年の子がいる場合)

わかりやすいプラン3 婚姻費用(別居中の生活費)分担請求の調停・審判プラン

をご覧ください。


 離婚訴訟に関する問題で不安に思うことがありましたらお気軽にお問い合わせください。

離婚に関する法律問題

法律問題・トラブルは、弁護士法人リバーシティ法律事務所へ。

047-325-7378

(平日9:30~17:30受付)

法律相談予約専用ダイヤル

0120-25-7378

(24時間受付、土日対応可)

「相談したいけど…」と迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。あなたの不安や悩みを解決するお手伝いをいたします。

TOP